美術教育集団AONOSE

仮想空間展覧会

   ★ NINOMIYA 展

スクリーンショット (69).png
レンジ.jpg
shiorizm.jpg

オオオ~!スゴイ空間!

山ちゃん2019.jpg

え? どこどこ!? 

スクリーンショット (86).png
レンジ.jpg

アバターとなってバーチャルでも作品を鑑賞できるとは・・・

shiorizm.jpg

なんて先進的な試みなの!

…っつうか、レンジさんのアバターの服、だっさ…クソだっさ(ボソッ)

山ちゃん2019.jpg

え? 原監督の服? 黒だった? 

_DSC9511.jpg
謎のウザキャラ.jpg

皆さぁぁぁんんん

​ようこそ我が個展へェェェェェ!!

スクリーンショット (78).png
レンジ.jpg
shiorizm.jpg

え? 誰…!?

ニノ.jpg

我が名は二宮。ニノなのだァァァ~!

_DSC9539.jpg
nino (2).jpg

​いや、あの、その、、、VRつけてもらっていいですか、、、??

_DSC9562.jpg
_DSC9519.jpg
スクリーンショット (71).png
ニノ.jpg

先程ちらっと出た「アメリカ抽象表現主義」という言葉!!

​今回の個展はァ、、、、、なァんとォォ、、、、、!!!

そこからの発展系を意味する「フランケンシュタインの怪物」フォーマリズムを標榜しているのであるゥゥッ!!

そう、「フランケンシュタインの怪物」フォーマリズムではァァ

これまでの私の来歴・吸収してきた要素をォォォ~

ツギハギ!!で混ぜ合わせェェェ、、、情報技術の基本要素である「電気」を通わせて「怪物」のように意思を持った作品たちを作っているのであるゥゥゥウウウ、、、!!!!

山ちゃん2019.jpg

上目使いの怪物? 炊飯器?

レンジ.jpg

抽象表現主義をベースに、単なる現代版の焼き直しでなく新たな流れをつくろうと試みていることはなんとなく伝わったが・・・

shiorizm.jpg

現実とのキャラがあまりにも違いすぎるわね・・・

スクリーンショット (78).png
ニノ.jpg

先程ちらっと出た「定規」という言葉はぁッ、、、!!

ネットや画像で見る定規はフルサイズとは限らない。

(モニターの制限を受けるからだ)

この場合、定規は定規としての自我を保つことができるのかァァァ。

今回のruler(定規)シリーズには1mm、1cmの目盛りが絵画の構成要素として入っているウッ

shiorizm.jpg

I know...作品中の目盛りの刻みは、リアルとバーチャルではサイズ感が全然違ってくるということね

レンジ.jpg

なるほど・・現実の展示会場であれば、それらは正確なスケールをもって提示されるけど、ヴァーチャルの世界ではノールール。


マルセル・デュシャンの<サイズって何なん!?>的な作品、「3つの停止原理」を連想させますね。

ニノ.jpg

この当然の帰結を提示することでェェェ、この災禍の折にリアルで展示を行う意味・デジタル上での展示を行う意義を問いかけているのであるゥゥッ!!

それにしてもぉぉぉぉぉ、レンジ先生のぉぉぉぉぉ そのTシャツはぁぁ マジクソダサイ​おもいますぅぅぅ

スクリーンショット (85).png
shiorizm.jpg

​ホント・・「カッコイイ!!」ってなんなのよ・・・(ボソッ)

山ちゃん2019.jpg

え? 缶コーヒーってナウマンゾウ?

レンジ.jpg

​と、とにかく、、VRならではの壮大なスケール感!

実制作したら、数億円はくだらないような巨大空間の巨大絵画を体感できるのはすごいね。

数年前に106億円で売れて話題になった抽象表現主義の巨大絵画「バーネット・ニューマン/アンナの光」をラクラク超えてたね。
(リヒターの「ストロンチウム」はあんな感じ!?)

ニノ.jpg

れれれレンジ先生ェェェェェ!!ネ申イイイイッツ!!!

はぁはぁはぁ、、、

そろそろ右目の活動限界がアウアウァァsgれsびおぅぁ、、、。

・・そんなTシャツダサいかなぁ・・(;'∀')
 

それはともかく、楽しかったねぇ!

そしてVR中のニノは、SNSの <なりすまし> が可能な現代の新しいリアルを(いい意味でも悪い意味でも)教えてくれた気がしたよね・・・10年ぐらい前に公開された細田守監督の大ヒット映画「サマーウォーズ」もそんな話だったか。。

_DSC9573.jpg
shiori2020.jpg

リアルもバーチャルもどちらもfantasticだったわ!

_DSC9613.jpg
山ちゃん2019.jpg

リアルゴールドもドレミファファンタジー?

山ちゃん・・・そのゴーグルそろそろはずそうか

というわけで、「仮想空間展覧会 〜NINOMIYA展」いかがだったでしょうか?

​今年は従来の作品現物を展示する展覧会と共にネット空間での展示にも注目が集まった年でした。

その両方がお互いの良さを補完しあって新たな時代を作っていく可能性はとても楽しみな要素ですね!

 

次はあなたの街で、お会いするその日まで。

_DSC9646.jpg

アディオ~~ス!!!

〜ニノよりお知らせ〜

nino (2).jpg

あ、あ、えっと、、リアル個展は終了しましたが、仮想空間での展覧会はまだまだ続いております、よ、よ、よかったら、、QRコードやホームページより、の、のぞきにき、き、てください、、mgじこ」@0sふょうお

_DSC9664.jpg

​撮影協力 KATSUMI YAMATO/無一物

IMG_7119.JPG

現代アートの
    楽しみ方

 世田谷美術館の「作品のない展示室」を鑑賞!

C_DSC_3910.jpeg

ゴミ屋敷で美術史
 

vo.1.ゴミとアートの関係

IMG_0741.JPG

現代アート謎解き
インタビュー

 

vo.1.荒井先生に電撃質問

ind_01.jpeg

東京インディペンデント2019
 

​勝手に審査員!

注目記事ランキング