勝手に AO NOSE賞 vol.2

 

Indipendent Tokyo 2019 の会場で、AO NOSEメンバーが出展作品を勝手に審査

「いい!」と思ったアーティストを勝手に選出し、勝手に表彰してきました。

※主催者の許可を得て行った企画です   

AO NOSEは 美術教育に携わるアーティストの集合体です。

私たちは<素晴らしいと思った作品に対して考えたことを言語化して称賛する>ことも、他者と心を通い合わせるための重要な表現行為であると考えています。

今回審査するメンバーはこの6名!

momo2019.jpgu306eu8907u88fd

磯部桃(もも)画家、パフォーマー

メンバー唯一の平成生まれだが、時代は令和になり、やがて昭和生まれと同じ目に遭うことに本人はまだ気づいていない。

shiori2019.jpgu306eu8907u88fd

shiorizm(shiori)アーティスト / 画家

流行に敏感で、海外のアートフェアから帰国すると、会話における英単語が急増する。

u771fu7d002019_edited.jpg

金古真紀(まき)絵本作家、アートナビゲーター

AO NOSEではインテリ枠を死守せねばと思っているが、別に誰も奪おうと思ってはいない。

u5c71u3061u3083u30932019.jpgu306eu8907u8

山内康嗣(山ちゃん)画家

温厚で実直。アートに関しては熱血。アクの強いメンバー同士をつなぐ膝軟骨的存在。

nino (2).jpgu306eu8907u88fd

ニノ ルカノーズ受講生

無口。あまりにも喋らないため、職場の上司に「私語が少ない」と注意されたらしい。はたして作品のよさを言葉で表現できるのか?

renji 2019.jpgu306eu8907u88fd

三杉レンジ AO NOSE代表・画家

絵画マニア。長く中高の美術教師を務めていたため、どこを切ってもザ・先生。個性あふれすぎてるメンバーをまとめるのに毎度ひと苦労。

8月17日、18日の2日間にわたって開催されたIndipendent Tokyo

会場にやってきたAO NOSEメンバーたち。

68940415_2992876010753977_42903586157027
momo2019.jpgu306eu8907u88fd

うわぁ、すっごいブースがびっしりー!絵がどっさりー♡

u771fu7d002019_edited.jpg

今年は150名を超えるアーティストが出展してるそうざます。

renji 2019.jpgu306eu8907u88fd

このイベントは、ギャラリストやコレクターなどの審査員が各ブースを回って採点するコンペ形式で行われる。ここで僕らも、非公式ではあるけど独自に審査をしちゃおうというわけ。

shiori2019.jpgu306eu8907u88fd

I see! この中から私がもっともイケてると思う作品をチョイスしてオリジナル表彰ステッカーを貼るってわけね。

u5c71u3061u3083u30932019.jpgu306eu8907u8

しかし力作揃いですねえ!見ごたえあるなあ。

nino (2).jpgu306eu8907u88fd

実は私も個人出展しています…

68520344_2992876134087298_82063226301107
68912249_2992877840753794_3_edited.jpg

賑わう会場には審査員の姿もちらほら。

気に入ったブースに次々と審査員推薦ステッカーが貼られていきます。

​今年から、一般の来場者も「いいね」シールを貼れる参加型に。

P8185732_R_edited.jpg

我々も人混みに紛れて会場に散り、思い思いに審査。

さて、メンバーが選んだ作品は?

IMG_7119.JPG

現代アートの
    楽しみ方

 世田谷美術館の「作品のない展示室」を鑑賞!

C_DSC_3910.jpeg

ゴミ屋敷で美術史
 

vo.1.ゴミとアートの関係

IMG_0741.JPG

現代アート謎解き
インタビュー

 

vo.1.荒井先生に電撃質問

ind_01.jpeg

東京インディペンデント2019
 

​勝手に審査員!

注目記事ランキング